お口の中に自信があるという人は、意外と少ないものです。
子供の頃に治した銀歯が気になったり、茶渋やタバコのヤニで歯に色がついてしまうという人も多いでしょう。
きれいな口元は、美人の条件でもありますが、大きな口を開けて笑顔になれる人というのは限られてきます。

そこで、きれいなお口になるために審美歯科という歯科があります。
医科の中に外科や内科があるように、歯科の中にも矯正歯科や小児歯科といった診療科目があります。
審美歯科も診療科目の仲のひとつで、その名の通り、見た目をきれいにするための治療を行っています。

クリーニングで歯の汚れを除去

デンタルケア 審美歯科というと、聞きなれないと感じる人も多いでしょう。
そこで、審美歯科で行われている治療を紹介します。
まず、手軽に口元をきれいにするためのクリーニングです。
茶渋やヤニは、歯の表面に付いている汚れなので、専用の機械を使うことできれいに落とすことができます。
歯と歯の間など、日頃自分ではきれいにできない部位まできれいに磨き上げ、仕上げには歯を強くするフッ素を塗ってくれます。

ホワイトニングで歯を白く

ホワイトニング治療 クリーニングは歯の表面の汚れしか落とすことができませんが、歯の内部の黄ばみにはホワイトニングが効果的です。
人間は誰しも年齢を重ねると歯の色が濃くなっていきます。
そこで、漂白成分のある薬剤を使い、ホワイトニングをすることで、きれいな白い歯を手に入れることができます。
白い歯は見た目がいいだけでなく、清潔感のある印象を与えることができ、女性に人気の治療です。

h2セラミックは目立たない

また、虫歯や銀歯が気になる場合は、審美歯科ではセラミックを使って治療します。
セラミックは透明感のある素材で、銀歯のように目立つことはありません。
治療したところがどこか分からないほど自然な仕上がりで、笑顔をきれいにする効果もあります。
差し歯や詰め物といったものに使用され、強度もあるのでお口の中に適した素材と言えるでしょう。

口元をキレイに保つ意識が重要

日本人は口元への意識が低いと言われてきましたが、最近では若い女性だけでなく、男性も口元への意識が高まってきました。
自分で歯を磨くことはもちろんですが、審美歯科に通うことで、プロのケアを受け、きれいな口元を維持しています。

芸能人やモデルといった美人と言われる人々は特にその傾向が強く、定期的に審美歯科を訪れて治療をしています。
日常生活の中で、お茶やコーヒー、カレーといった飲食によって歯に色がついてしまいます。
クリーニングを受けることで、常にきれいな歯にすることができます。

歯の黒ずみにはラミネートべニアが効果的

歯の黒ずみに悩む人がいます。
薬の影響などで、歯が黒ずんでしまうことがあり、この黒ずみはホワイトニングをしても白くすることができません。
そこで、審美歯科ではラミネートべニアという治療を行います。
ラミネートべニアは、歯の表面だけを薄く削り、白いセラミックでできた付け爪のようなチップを貼り付けるという治療法です。
2回ほどの治療で歯をきれいにすることができ、黒ずみが気にならなくなります。

ラミネートべニアは歯を削る量も少なく、神経も取らないというメリットがあります。
歯の状態を維持したまま、見た目をきれいにできる治療法として、黒ずみに悩む人の評価がとても高いです。
前歯を何本がまとめて治療することもできます。

そして、歯の神経がない歯も、黒ずみになりやすいです。
前歯の1本だけぶつけてしまい、神経が死んでしまったということはよくあることです。
そのような場合、歯の内部からホワイトニングをするほかに、ラミネートべニアで治療することもできます。

ただ、ラミネートべニアは薄いために、歯ぎしりの癖がある患者さんの場合、割れてしまう可能性があります。
そのような場合は、ラミネートべニアを使用せず、メタルボンドという治療が行われます。
メタルボンドとは、かぶせ物の種類のことで、金属である程度歯の形を作っておき、その表面を白いセラミックにするという治療法です。
金属とセラミックの強度により、歯ぎしりしても壊れることなく、きれいな見た目を維持することができます。

口元の悩みは人それぞれ

お口の悩みというのは、10人患者さんがいれば10通りの悩みがあります。
黄ばんだ歯や、銀歯、歯が割れてしまったということもあるでしょう。
中には、歯茎の黒ずみに悩んでいる人もいますが、ホワイトニングは歯だけでなく、歯茎にも行うことができます。

口元の悩みがあると、手で隠す癖がついてしまうこともあります。
悩みがある場合は、審美歯科に行って相談してみましょう。
自分の口に合った治療内容を紹介してくれるでしょう。
自分ではひどい汚れだと思っていても、クリーニングを1回受けるだけで歯がきれいになったという人は少なくありません。

きれいな口元になると、大きな口を開けて笑顔になることができます。
審美歯科に通うことで、性格まで明るくなったという患者さんも多いです。
お口の中にコンプレックスがあるときは、審美歯科の先生に相談して、どのように治療を進めて行くかを一緒に考えましょう。