歯磨きの正しいやり方を歯医者で学ぼう

歯ブラシ 歯磨きは正しいやり方でやらないとあまり効果がありません。
歯医者にいくのが億劫だから放置しっぱなしでは虫歯が知らない間に進行してしまっている可能性があります。
歯医者の推奨する磨き方を知らない状態ですと、どれだけ長時間磨こうとも正しい磨き方をしなくては磨き残しの原因となります。
歯ブラシの形状と人間の手の動きそして歯並びから磨きやすい部分と磨きにくい部分があります。
磨きにくい部分は意識して磨くようにしなくてはそこの磨き残しからプラークがたまり、虫歯の原因となります。

正しい磨き方の基本は歯を一本一本垂直に磨くことです。
歯と歯の隙間に汚れがたまるのでその汚れを歯ブラシの毛先でかき出すように磨くということです。
横向きの角度で一気に磨こうとすると歯と歯の隙間は全然磨けていないことになります。
この横向きの磨き方ですとどれだけ長時間磨こうとも隙間の汚れは一向に落ちません。
そして、歯ブラシの届かない歯と歯の隙間はデンタルフロスで汚れを取り除きましょう。
奥歯はデンタルフロスを入れにくい場合がありますので、奥歯専用のものを使用するとやりやすいです。

次に歯の裏側をしっかりと意識して磨くことです。
人に見える表側ばかり磨きがちですが、歯の汚れは表側だけでなく裏側にも表側同様についています。
むしろ裏側の方が付きやすい構造になっています。
人からそして鏡で自分では見えにくい箇所だから億劫になりがちですが、それだからこそ意識して磨く必要があります。

歯磨きのタイミングも重要です。
就寝前は必ず磨くようにしましょう。
汚れのある状態で就寝してしまうと虫歯ができやすい環境になってしまいます。
また、食後に歯磨きをしたもののその後間食をした場合やジュースなどの甘いものを飲んだあと放置しておくとこれも虫歯進行の原因となります。
口の中にものを入れたあとは必ず歯磨きをするようにしましょう。
正しい磨き方をしていてもタイミングが間違っていれば虫歯は進行してしまいます。

水を大量に使う必要もありません。
水を多く使うと歯磨き粉の効果が薄れてしまうので、水は少量もしくはなくて結構です。
そして歯磨きが終わったあとに口をゆすぎますがそれも一回程度で結構です。
必要以上に口をゆすぐと歯磨き粉に含まれるフッ素まで流れ落ちてしまい予防の効果が薄れます。

そして、正しく磨けているかを定期的に歯医者で検診してもらうことです。
いくら正しい磨き方をしているつもりでも人間には癖があるのでなかなか本当に正しい磨き方ができるものではありません。
それを定期的に検診することでより正しい磨き方ができるように近づけていきましょう。

例えば、東京都で定期的な検診を行う歯医者を探しているなら都合の良い歯医者があります。
歯医者を江東区で探すのが一番ベターな選択肢でしょう。
江東区は交通網が発達しているので通院しやすいのが特徴です。
通院のしやすさで歯医者を選んでみても良いでしょう。