歯の黄ばみの原因は食べ物と虫歯?歯医者に聞こう!

歯に黄ばみがあると気になってしまうものでしょう。
歯はもともと白いものなのですが、ちょっとしたことで黄ばんでしまうということです。
歯の黄ばみの原因と聞くと食べ物をイメージする人も多いでしょう。
しかし、他にも原因が考えられます。

食べ物は着色汚れの最も大きな原因の一つです。
特に原因になりやすいのはポリフェノールが含まれた食品です。
ポリフェノールは抗酸化作用によって健康を維持するサポートをしてくれます。
しかし、歯の黄ばみが気になる場合は避けた方が良いでしょう。
ポリフェノールは赤ワインや紅茶、ウーロン茶、緑茶、コーヒー、大豆、ココア、チョコレートなどに多く含まれています。

また、色が濃い食品も黄ばみの原因になります。
ケチャップやソース、醤油、カレー、キムチなどを食べる時には注意しましょう。
また、ニンニクやネギなどに含まれる辛味成分の硫黄も歯の黄ばみの原因となります。
これは髪の毛や皮膚、爪の健康を維持するために欠かせない成分なのですが、過剰摂取に注意しましょう。
また、このような食べ物を摂取したらきちんと歯磨きを行うことが大切です。

ちなみに、食べ物だけでなく虫歯によって着色が起こってしまうこともあります。
虫歯は黄色から茶色、黒色と段階的に変色していくため、初期の段階では気付きにくいこともあるでしょう。
虫歯によって歯が黄ばんでいる場合、表面だけでなく内部まで虫歯が進行していることもあります。
さらに内部にある象牙質まで侵食すると茶色になりますし、神経まで浸食されると黒ずみになります。
歯の色が気になる場合は歯医者を受診すると良いでしょう。

歯医者で虫歯を治療している安心できるとは限りません。
治療によって銀歯を被せたり詰め物をした歯も時間が経つと劣化してしまいます。
それによって歯の黄ばみを招くことがあるということです。
特に虫歯が完治していないまま被せ物をしている場合、痛みを伴わないまま神経まで浸食してしまうこともあります。

喫煙によって歯の黄ばみが発生してしまうこともあります。
ヤニはタバコの煙に多く含まれており、歯の黄ばみや黒ずみなどを引き起こすとされています。
歯の黄ばみを抑えたいという場合、煙の出ない電子タバコを利用すると良いでしょう。
電子タバコの方が健康にも良いとされています。

フッ素は虫歯予防に効果がある物質として知られています。
しかし、これはあくまでエナメル質を強くするというものであり、歯を白くする効果はないとされています。
しかし、フッ素によって歯が強くなると表面に汚れがつきにくくなりますし、歯の黄ばみや黒ずみを抑えることができるでしょう。
そのため綺麗な歯を保つために歯医者でフッ素塗布をしてもらうことはおすすめです。