抜けた歯はインプラント治療でカバーしよう

虫歯などで抜歯すると歯一本分の隙間ができてしまいます。
この隙間は見た目が悪いだけでなく周りの歯にも影響を及ぼします。
上の歯との噛み合わせが悪くなり、横の歯とのバランスが取れないことによって徐々に隙間を埋めるように周囲の歯が動いてしまいます。
そのため動いた周囲の歯の噛み合わせも悪くなるといった悪循環に陥ってしまいます。
その状態で放置すると輪郭形成にも影響を及ぼすようになり顔全体の見た目も歪んでしまいます。
歳をとった方で歯が生えている方向がバラバラになっている方は一本の隙間から歯全体のバランスが崩れてしまい、そのようになってしまっています。

そのようにならないために虫歯の抜歯後は放置するのではなく、早期治療が必要です。
抜歯したところにインプラントを入れることで噛み合わせが悪くなるということが起こらなくなります。
歯の動きというのは想像以上に早いもので抜歯後一ヶ月程度でも放置すると目に見えて動いていることが分かります。
現在虫歯があり、治療を考えている人は最悪の場合抜歯することも考える必要があります。
そしてその後どのように治療をするかまで考えた上で治療を受けてください。
虫歯が神経にまで達している場合は抜歯以外の治療は難しいため早期治療が必要となります。
そして、そのあと差し歯にするのかインプラントにするのか早く決めるほど抜歯後の悪影響は少なくて済みます。

差し歯にすると食事の際にそこの歯で強く噛むことができなくなります。
複数本の歯が無い場合は入れ歯も選択肢にありますが、その入れ歯を固定するために金具を隣の歯に装着することになります。
この金具により健康であった歯に傷が付きその歯までダメになってしまうということもよくあります。
インプラントならこれらの他の歯への影響を最小限に抑えることができます。
今の技術で作られるインプラントは噛み合わせもきっちりと合わせられてますし、強度も充分にあります。
入れ歯のように手入れの必要もありませんので、通常の歯と同じように歯磨きを丁寧に行うことで一生持ちます。
そして、入れ歯のデメリットであった口の中の異物感とも無縁です。

インプラントにするコストはかかりますが、この後何十年のことを考えるとインプラントは確実な治療法と言えます。
一時の出資をしなかったがために周りの歯まで悪くしてしまい取り返しがつかなくなってしまうというケースに陥らないように抜けた歯はインプラント治療でカバーしましょう。
そして、今までと同じような噛み合わせで食事を一生楽しむことができるようにしましょう。

もし治療を行うのであれば、東京や大阪、福岡などの人口が多い街でのインプラント治療をおすすめします。
人口が多いということはそれだけ治療経験のある患者数が多く、それを担当した歯医者も多いということです。
例えば福岡県であれば、八幡西区でインプラント治療を行うと良いでしょう。
理由は、住宅街ということもあり、歯医者の治療実績が多いと考えられるからです。
今後何十年と左様する大切な治療ですので確かな技術を持った歯医者で治療を受ける必要があります。