口臭の原因は歯周病?膿んでいる可能性が

口臭の悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。
口臭の問題はとてもデリケートであるため、なかなか相手に指摘することができません。
相手に指摘することができないということは、自分に口臭があったとしても誰からも指摘されない可能性がありそのまま臭いに気づかずに過ごしてしまっている可能性もあるということです。
オーラルケアはエチケットとして必要不可欠なものですので、各々が臭いに対する意識を高くもって口臭対策に努める必要があります。

口臭には様々な原因がありますが、その一つとして歯周病があります。
歯周病は、歯周病菌の繁殖により歯の周りの組織が破壊されていく感染症です。
症状としては、口臭、歯茎の腫れ、出血などがあります。
症状が進行すると歯が抜けてしまう危険もありますし、口臭もどんどんきつくなっていきます。
歯周病による口臭が強く出てしまっている場合は膿んでいる可能性があります。
膿んでしまうと重度の歯周病である歯槽膿漏となってしまい、メチルメルカプタンという腐った玉ねぎのような臭いの口臭の原因物質が発生してしまいます。
メチルメルカプタンの発生を抑えるためにも早めの対策で改善と予防に努めることが大切です。

歯周病対策において重要になるのが毎日のオーラルケアを徹底するということです。
歯周病菌が繁殖しにくい清潔で健やかな口内環境を保つことがポイントとなります。
食後や就寝前の歯磨きを丁寧に行うことが大切です。
就寝前はとくに念入りに歯磨きをする必要があります。
睡眠中は唾液の分泌が減って歯周病菌が繁殖しやすくなるからです。
歯周ポケットに食べかすなどが残らないようにする、プラークをきちんと取り除いて歯石をつくらない、免疫力をアップさせるなどが歯周病対策においてとても重要になります。

具体的なセルフケアの方法についてですが、普通の歯ブラシ、電動歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、舌ブラシ、歯磨き粉、洗口液などを駆使して歯だけではなく舌や歯茎の汚れもきちんと落とすことを心がけましょう。
舌についた舌苔も臭いの原因となりますので舌ブラシでやさしく取り除きましょう。
歯周病の大敵となる歯石は歯にこびりついたプラークをきちんと取り除くことで防ぐことができます。
歯周ポケットは汚れが溜まりやすいので専用の歯ブラシなどを使用してきちんとケアしましょう。
歯周病菌の感染を防ぐためには免疫力を高めることも大切ですので、健康的で規則正しい生活習慣を身につけるということも心がけましょう。